訳出復習コーナー
訳出復習コーナー「アーカイブ2008〜15年」「アーカイブ2016年〜
使えるための英文法
クラスの進行状況が異なりタイミングによっては、まだ授業で導入されていない場合もあります。ご了承下さい。
2017年
No
日付
問題
解答例(辞書はOXFORD/GENIUS/研究社等参照)
458
7/9
夏至には日中の時間が一番長くなる The summer solistice day has the longest period of daylight of the year.
457
6/25
地球は時速1,700kmで自転しながら、秒速30kmで太陽の周りを公転している The earth rotates on its own axis at 1,700 kilometers per hour and orbits the sun at 300,000 kilometers per second.

■時速100キロの車の17倍のスピードで自転し、秒速30キロ(時速108,000キロ)で回転してた...とは知らなんだ。地球酔いしそうだけど、なーんにも感じませんね。
456
6/18
地球は傾いて太陽の周りを回っているので季節が生ずる The earth is tilted and travels around the sun, creating seasons.

■The earth, with its axis tilted, moves around the sun and thus creats seasons.
1)傾く(自動詞)tilt/lean/incline/go to one side
■太陽の周りを回る:(自動詞) go/move/turn/travel/revolve/orbit around the the sun,(他動詞)orbit the sun
455
6/11
地球は一日に一回転する The earth spins once a day.

■spin once→ rotate once; make one complete rotation; complete one rotation
454
6/4
地球は自転しながら太陽の周りを公転する The earth orbits the sun while spining on its own axis.

■「公転する」orbit (around) the sun, travel/go/revolve
■「自転する」spin/turn/rotate on one's own axis

The earth, spinning on its own, rovolves around the sun.
453
5/28
新米社員が年季の入った社員にその機械を遠隔で操作する方法を教えてもらった Novice workers were shown by seasoned veterans a way to remotely control the machine.

■4文型の受け身の倒置:
Novice workers were shown
a way to remotely control the machine by seasoned veterans.本来はこの語順ですが、a wayの箇所が長いので冒頭の英文では by seasoned veterans を前に持ってきています。スロット方式ですると、倒置がやり易くなります。

452
5/21
それはハッキングの格好の標的だ It's a likely target for hacking.

■限定用法
likely+名詞+for〜「〜の格好の/あつらえ向きの+名詞」
1)This is a
likely place for a picnic.「ピクニックにはもってこいの場所だ」
451
5/14
間違いが起こることを考慮にいれておいた方がよい You should allow for mistakes.
You should make allowance for mistakes.

1)「〜を考慮に入れる/斟酌する/見越す」allow for; make allowance(s) for: for 以下のことが起こってもよいように(心の)準備をしておく、時間的余裕を持っておく

■JALOPNIKの記事参照

2)That access allows for the really scary stuff like xxxxx.「そこにアクセスできるとxxxxxのような怖いことに繋がる/怖いことが起こるかもしれない」
450
4/30
売却を検討している理由としては、市場で売れる製品を今後数年間で生産する可能性は低い、つまり商売にならないという結論に達したというふうに言われています オーバーラッピング訳=同時通訳風前出し訳:
One of the reasons for the sell-out seems to be that their robots won't sell well in the next several years; namely, this business probably won't turn a profit. Google is said to have come to that conclusion.

■TBSデイキャッチ参照
教室で議論できませんでしたので、以下でフォローします

ちょっと歯切れの悪い英語になりますが、同時通訳のように前から訳す場合、日本語では述部が最後に来るために、特に
時制、否定形などが確定しないまま訳を開始しなければなりません。つまり英語では主語の次にくるべき述部が日本語では文末にくるため、訳出上、述部に注意しましょう。

1)冒頭箇所:
...the sell-out
is their robots won't sell wellとisも可能ですが、seems to beとぼかした方がよいかもしれません。なぜなら文末で「というふうに言われています」と展開したからです。

2)日英の表現上の違い:
One of the reasons:日本語では、厳密には「理由の一つは」と言うべき所を「理由は」と言うことがあります。内部事情を知る立場にない状態で訳す場合、理由が一つとは言いきれません。そんな時はone ofを使うとよいでしょう。
449
4/23
モノに心が宿る The spirit of craftsmanship can reside in its craft.
The spirit of a master craftsman can reside in his craft.
Life force can be infused into a machine you make.
You infuse life into your products.

■講師の英訳です。モノ作りを愛する国ならではの表現ですが、英作するとなると難しい。へんな箇所があると思うので教えてね。
448
4/16
彼女達は欧米の女性達よりも若く、平均年齢が53歳だ They are yonger than their American and European peers, with an average age of 53.

■CNN参照

1)with an average age of 53の前の
コンマは必要か?
■必要だとCクラスで指摘あり。なければ、with句が直前の欧米人にかかってしまう。コンマをつけることで、主語のtheyにかかる。なるほど! そうですね。

447
4/9
そのサイトには500万項目載っている There are five million entries on that website.

■CNN参照

1)「この辞書には見出し語が11万語ある」This dictionary contains 110,000 lexical entries.[ラ英大]
446
3/19
その企業は研究所から学者を引き抜いている The company has been hiring academics away from research institutes.

■Nature Podcast参照

1)「人を〜引き抜く」
hire 人 away from / headhunt 人 away from
2)academic:<形容詞>「学校の、大学の、学問の」→(名詞)「大学人、研究員、学者、大学教授」
3)研究所:a research institute/institution

445
3/12
それは、彼らのに比べ、たったの9つの量子ビットしかない It has only nine qubits compared to theirs.

■Nature Podcast参照

1)「と比べれば」(as) compared to/with [米はto], in comparison to/with
2)「私の苦労など彼らの苦労に比べれば何でもない」My trouble is nothing (compared) to theirs.[研究社英和]
444
3/5
概念実証論文 a Proof-of-Concept paper/report

[以下Wikipedia参照]

Proof of Concept (PoC) is a realization of a certain method or idea in order to demonstrate its feasibility, or a demonstration in principle with the aim of verifying that some concept or theory has practical potential.

■ポック、ピーオーシー
実用化(今回の教材では「工学プロジェクト」)のため完全に機能するプロトタイプへと至る前段階とみなされる。

おお! そういうことかあ!
443
2/26
何をもってとするか What constitutes a bird?

■1級 Deep Learning参照

1)We may need to redefine what constitutes a family.
2)He doesn't have what it takes to be president.
442
2/19
彼はさっと銃を取り出した He whipped out a gun.

1)whip「ムチ」だから、しなうようにピュッと動く様子をイメージすると覚えやすいかもね。
■辞書の例文をみると、取り出すものは a gun/pistol/knifeのようなものが多いけど:
She whipped out a credit card to pay for it.
もありました。

★次回お店でカードを使うときに「さっと取り出して」店員さんに英語で言ってみたらどう?
441
2/12
それだとは気づかないでしょう。というのもそれ(チップ)は巨大な黒い箱に収納されているからです You wouldn't guess it because the chip is housed in a massive black box.

■Nature Podcast

●guessの用法:
1)[GENIUS] Can you
guess this riddle? こう質問されると、なんか舌足らずな感じがする。「このナゾナゾを推測できるか」→しかし、 Can you guess the answer to this riddle? ならすっと理解しやすい。「このナゾナゾの答えを言い当てられる/答えが何か言える?」

2)今週の課題文も You
wouldn't guess the chip is there as it is housed in a massive black box.ならすぐ分かる。

3)NPR Deep Learning:(原文 It might guess dog)でも:
■His computer might guess
it is a dog.見せられた画像をみて、本当は猫だが『彼のコンピュータは「それが犬」だと推測するかも』なら分かりやすいが、実際にはit is部分がなく His computer might guess a dog.なので舌足らずな感じがする。

●現時点での結論:guessはSVOで「O」の箇所がthat節の方が理解しやすいが、nativesは節を使わないことが多い。guessには「その答えを言い当てる」いう意味がある。
440
2/5
1)今、独身で彼について思うこと:
■あの人と結婚してたらなあ。
(現実には結婚していないので過去形)

2)去年のある日、彼について思ったこと:
■あの人と結婚してたらなあ。
(そう願った日には結婚していなかった。しかし、大過去にする必要なし)

3)今、後悔すること。去年のあの日にプロポーズされたけど結婚しなかったこと:
■あの人と結婚してたらなあ。
(去年の行為を悔やんでいるので大過去。あの時、結婚してたら...)

4)去年のある日後悔したこと。2年前にプロポーズされたけど結婚しなかったこと:
■あの人と結婚してたらなあ。
(願った去年より前の行為を後悔しているので大過去)
1)I wish I was married to him.

2)I whished I married him.

3)I wish I had married him.

4)I wished I had married him.

■Bクラスで議論になったwishの時制問題。


■「結婚」の場合「結婚する」という行為と「結婚している」という状態があり、1)のみを受け身にして状態にしたが、2)3)4)も状況によっては状態にしてもよいと思う。

上記、間違いがあれば教えて!
439
1/29
キュービットをゼロであり1であるという量子の状態に保つのが非常に難しい It is very difficult to keep a qubit in a quantum state where it is both zero and one at the same time.

It is very difficult to keep a qubit
in the quantum state.

■NHK 攻略リスニング(去年までのラジオ番組)参照

1)上記の表現が使われている段階では、すでにキュービットは「ゼロであり同時に1である」という状態になるビットということは分かっているのだから、in
the quantum state whereとなぜ言わないのだろう。このように既知情報であるにも関わらず、不定冠詞の"a"を使うパターンをよく見かける。

おそらくwhereの説明部分を取れば、in
the quantum stateでよいはず。

2)というのも、これと同じような箇所がこの文の上の方にある:
Schrodinger's cat is an illustration of how things work at
the quantum level.

ここではtheを使っている。なぜなら、この文の前に「ゼロであり同時に1である」とすでに述べているので、at
the quantum levelと定冠詞の"the"を使っても、聞き手は何を指しているかわかる。

おそらく、whereをつけるとここも:
Schrodinger's cat is an illustration of how things work
at a quantum level where a qubit is both zero and one at the same time.

となるはず。どなたか、上記の理解でよいか教えて下さい。
438
1/22
量子コンピュータは未来に大きな影響を及ぼすかもしれません。但し、実用化されればの話です Quantum computers could have huge implications for the future if they can be made to work.

■NHK 攻略リスニング(去年までのラジオ番組)参照

今年は同義語を増やしましょう!

1)「Aに影響を及ぼす」have xxxxx zzz A
■implications/consequences/ramifications/repercussions for
■an influence/impact on

2)5文型の受け身で原型不定詞makeがto不定詞に変身
■受け身: if they can be
made to work
■能動態: if scientists can make them work.
437
12/11
ヘッドセットなしでこれを見られるなんてホント、ぶったまげました

(これを見るためにヘッドセットをつけなくていいなんてホント、驚きです)
It really blows my mind that you don't have to wear a headset to see this.

■CNN参照

1)[ODE]
blow someone's mind:impress or otherwise affect someone very strongly
2)[リ英]「ひどく興奮する、我を忘れる、舞い上がる」
■[ジ英大] The music was so beautiful. It brew my mind.「音楽はとてもすばらしかったので、圧倒された」
★It blows my mind just to think that SV 驚きの内容.
It blows my mind that SV 驚きの内容.
436
12/4
この状況にはプラスの面があります We can see an upside to this situation.

1)upside
■[ODE] the more positive aspect of a situation.
■「プラス面」「よい面」「利点」「明るい面」
2)教材の例文:AI has enormous upsides.
435
11/27
計画してやったけど逆効果だった

(その計画は裏目にでた)
The plan backfired (on us).

1)「逆効果である/裏目にでる/不測の結果におわる」backfire; bring about an adverse effect on; be counterproductive
434
11/20
結局のところ彼女はそこにはいなかった

(後になって初めて分かったとき)
As it turned out, she was never there.

■GENIUS参照

1)as it turns out=as things turn out
「結局のところ」「後で分かったことだが」
433
11/13
子供達が生き甲斐です My children are my purpose.

1)a sense of purpose「目的意識」「生き甲斐」「やり甲斐」

2)逆引き:
■「生き甲斐/やり甲斐」a reason for living; a meaning for life; a raison d'etre; a sense of fulfillment
432
11/6
実際に勝って、ホットしたのと同時に信じられない気持ちでした It gave us a mixture of reief and amazement when we did actually win.

■Youtube:Demis Hassabisのインタビュー参照

1)We had
mixed feelings of relief and amazement when we actually won.
431
10/30
可能な打ち手は10の170乗あります There are "10 to the power of 170" possible board positions.

■Youtube:Demis Hassabisのインタビュー参照

1)10の二乗:10 squared, 10の三乗: 10 cubed, 10の四乗: 10 to the power of four / 10 to the fourth
2)10の80乗(原子の数): 10 to the power of 80

430
10/23
知ることと教えることは別もの It's one thing to know and (quite) another to teach.
To know is
one thing, and it's (quite) another to teach.

■「知ることと教えることは違う」「知っていても教えられるとは限らない」とも訳せる
429
10/16
(最後に)彼は首位に立つだろう He'll come out on top.

■NPR Deep Learning参照

1)
come out on top:「(長い議論や戦いの末)首位を占める、トップに立つ、最後に勝つ、一番になる、優勝する」
[LDOCE]to win a difficult struggle or argument, especially one that has continued for a long time
2)
come out victorious / win「勝利する」
428
10/9
それは私たちにとって他の全てに優先する関心事であった It was a matter of overriding concern to us.

■WIRED: オバマ参照、英活用辞典参照

1)
overridingの類義語:most important, of prime importance, first and foremost, outstanding, prime, primary, chief, main, leading
2)[ODE]more important than any other considerations
427
10/2
急ハンドルをきれば、壁に衝突するかもしれません If you swerve, you might run into a wall.

■WIRED:オバマが語るAI参照

■「急ハンドルを切る」
swerve:
swerve in order to avoid a collision
veer suddenly
■「〜に衝突する」
1)crash/run
into〜:対象物の中に入り込んだり、対象物が変形したり移動したりすることが暗示される
2)crash/run
against〜:堅い物に当たって跳ね返されるという感じ
3)collide
with 〜:The bus collided with a lorry.
426
9/25
1)α碁がリセドルに勝った
2)α碁が第2局目を勝った
1)AlphaGo defeated Lee Sedol.
2)AlphaGo
won the second game.

■敵や対戦相手に「勝つ」:
defeat/beat the opponent
■戦いや試合に「勝つ」:
win a game
425
9/18
1)そのニュースはどこで知ったの?
2)彼のその話をどこで耳にしたの?
3)そのニュースを聞いて、彼は興奮した
1)Where did you learn the news?
2)Where did you
learn of/about his story?
3)Upon
learning (of) the news, he got excited.

■クラスで学んだのは以下の英文でした:
Now, upon
learning of αGo's victory, Elon Musk took the twiter to send his congratulation.

■「知る→know」「耳にする/聞く→hear」と直訳すると、上記の英訳はおかしくなりますね。どんどんlearnを使っていきましょう
424
9/11
そのニュースはネット中にパニックを引き起こした The news set off a panic across the Internet.

■CNN参照

■set off「爆発させる、引き起こす、突然警報などを鳴らす」
→The news
caused a panic across the Internet.と同義。
a panic: aがあるのでちょっとビックリですね。

■panicについて:[OED]によると:
1)[mass noun=U]
sudden uncontrollable fear or anxiety, often causing wildly unthinking behavior 慌てふためいた行動をとってしまうような制御不能な恐怖感や不安
2)[countable]
a state of widespread financial alarm provoking hasty action 株の急降下や恐慌による大量売りや取り付け騒ぎ等
3)[countable]
a frenzied hurry to do somethig 慌てふためいてバタバタすること

恐怖や不安の方に焦点を当てる場合は uncountableで、
その結果でてくる、あたふた、ばたばたする行為の方に焦点を当てる場合は countable...と理解してよい?

423
7/17
一体何が最善手なのか分からないので、対局者棋風や直感を見るのです Because you can't really figure out exactly what would be the best moves to make, you are looking at your opponent's behaviors and intuition.

■Youtube(李対α碁:第2局)参照
■『直感力』羽生善治 (PHP新書)参照

『直感力』で使われていた言葉:
1)「その
対局での最善手を選んでいくことも必要だが」(P.19)
2)「相手の
読みや棋風などにまで考えを巡らせると、邪心が入ってしまう」(P.19):behaviorsを「棋風」と訳したが自信なし。
■棋風(和英)
one's way[style]of playing go[shogi]
3)定跡(将棋)/定石(碁):a set move, an established tactic: play by the book 定跡通りに指す/定石通りに打つ

422
7/10
通常のコンピュータのコードは非常に厳密で論理的段階を踏んで書かれる An ordinary computer code is written in very strict, logical steps.

■NPR Deep Learning参照

1)形容詞を2つ続けるときにandの代わりにコンマをよく見かける:
strict, logical steps / the slow, biological evolution of 〜

421
6/26
小説を書くには複雑な心奥を見通す力が必要だ Writing novels requires deep insights into the intricate recesses of human minds.

■講師翻訳参照

1)「心の奥底で」in the (deep) recesses of one's [the] mind(s)
■recesses:複数形「奥まった所、心の奥」
■the recesses of science「科学の蘊奥(うんのう/おう)」

420
6/19
深層学習プログラムはスーパーのスキャナーの領域をはるかに超えつつあります Deep learning programs are getting way past supermarket scanner territory.

■NPR Deep Learning参照

1)「ずっと、はるかに、うんと」way[副詞]
■[GE]It was
way past nine.「9時をとっくに過ぎていた」
■way past〜; way above〜; way ahead〜:でよく使う

419
6/12
将来、そのような類いのものが可能になる
Such a kind of thing will be possible in the future.
Such kinds of things will be possible in the future.

■CクラスのAさんの質問

1)kindと不定冠詞aの問題
以下GENIUSから:
■This is a new kind of
a melon.
→a new (kind of) melonと理解すれば a melonのaは不要とわかる
→(正)This is a new kind of melon. / This melon is a new kind.

2)GENIUSの「語法」の説明
■this/that kind ofの後は
無冠詞単数名詞。[C]名詞でも単数
→this kind of
job
■these/those kindsの後は
無冠詞単数名詞。[C]名詞でも単数
→these kind
s of job(あるnativeはjobsの方がよいと言った)

3)略式では可。あるいは頻度が低いが可。
■略式:these kinds of jobsも可
■略式:this kind of
a job(頻度低い)
■頻度低い:this/that kind of+
複数名詞
→I don't like this kind of jobs.
→I don't like jobs of this kind.の方がよい。または
→I don't like jobs like this.

4)その他の辞書の例:kind
■all kinds of technology; all kinds of fruit; many different kinds of people; all kinds of crimes; all kinds of sounds;
such kinds of food; many kinds of goods; many kinds of food; all kinds of hardships; these kinds of books; that sort of thing


5)医療サービスは通例:複数形 medical service
s
That kind of medical service will be available...
→その一つの種類の医療サービス(単数可)
■That kind of medical service
s will be available...
→その種の様々な医療サービス

(上記は、辞書を参照しながらの情報で、間違いがあればご指摘下さい。)
418
6/5
そのプログラムは97%の確率で写真に写った個々の人間の顔を言い当てる
The program recognizes individual human faces in images 97% of the time.

■The Economist (May 9, 2015)参照

■「〜%の確率で」〜% of the time(というらしい)
☆「私の予想の的中率は99%だ」My predictions are right 99 percent of the time.[プログレッシブ]

■「言い当てる」recognize(recognise) / identify

■faces in images:SNSなどに投稿された人の顔を「画像の顔」と訳してもよいが「写真に写った顔」の方が自然だろう

417
5/29
頭脳があればこそ、人間は自分で物事を決め、関心を抱き、欲望をもつことができる Minds equip humans with autonomy, interests and desires.

■The Economist (May 9, 2015)参照

SVOのスロット言語の英語は「句(上記の例では名詞の羅列)」で語るとすっきりする。それを日本語に訳すときは「節」にすると意味が肚の底に落ちてくる。

1)句「頭脳は人間に自律、関心、欲望を備える/与える」
腹にストンと落ちてこないが簡潔
2)節:訳は左記の通り
分かりやすいが冗長になりがち

416
5/22
彼はただのコンピュータの専門家じゃない He is not just another computer expert.

■NPRのDeep Mind参照

1)「どこにでもある、ありふれた、月並みな」just another; average; nondescript; mediocre
415
5/15
他の選択肢について熟考した We contemplated other options.

1)「それについて」熟考する/説明する/議論する:
■日本語につられて
自動詞で訳しがちだが、他動詞
contemplate it; explain it; discuss it

2)Oxford Thesaurus(類義語)
■She couldn't even
contemplate the future.
★他動詞:consider, ponder,
☆自動詞:think about; meditate on/over; reflect on/about;, mull over; muse on; dwell on

414
4/24
私は子供を託児室に預けてデパートの中をゆっくり(時間をかけて)買い物して歩いた I left my children in the day nursery and took my time wandering about the department store doing my shopping.

■研究社新英和大辞典参照

今回教室で議論した文型は You can
take time shopping.でした。この文は正しいか、何文型か。(下段の363も参照)

[GENIUS]
1)(A)He
took two years to write the novel.→ (B)He took two years writing the novel.(B)も可能だがまれ。

2)
take one's time「〜するのにゆっくり、自分なりのペースでやる」+ to do, in doing (in しばしば省略)

You can
take your time (in) shopping.ということは3文型かな?

363参照
1)その宿題をするのに2時間かかった
2)その宿題をするのに2時間かけた
3)〜をした結果2時間かかった
4)〜をするのに2時間もかかった
1)The homework took me two hours to finish.(4文型)
2)
I took two hours to finish the homework.(3文型)

3)It took two hours for me to finish the homework.(3)
4)It took me two hours to finish the homework.(4)

413
4/17
一つのAIが全人類の処理能力を越え得る

One AI's capability can exceed the combined intelligence of us all.

■朝日新聞参照 

1)「処理能力」をどう訳すか? processing ability? ところがこう書くと「何の」processing ability かという疑問が湧く。「脳味噌の」と考え cerebral processing ability、または cognitive powerとするか...。講師は
intelligenceと理解して英作しました。

412
4/10
(その物語の)舞台は80年後の世界 The story describes a world 80 years from now.

■朝日新聞参照 

1)「世界」:ここでいう世界は、未だ見ぬ世界なので唯一のtheではなく不定冠詞で、
a world
2)「80年後」
in 80 years; 80 years from now, 80 years later

■(
今から)三日後に会いましょう See you in three days.
■(
それから)三日後に会った We met three days later.
■(
〜以降)明日以降、時間が取れます I'll be available after tomorrow.
誤用:See you after three days./We met after three days.

3)今から80年後なので:The story describes a world
in 80 years.と書いたら、nativeにa world 80 years from nowと修正された
■inには期間「〜のうちに。〜間に」の意味もあるのでin 80 yearsだと「80年間にわたる世界」と解釈できる
[GE] I learned French
in six weeks.「6週間後 6週間で」
■a world 80 years from now:「
今から80年後の世界」

411
4/3
彼はその文学賞を受賞した He was awarded the literary prize.

朝日新聞参照 

1)award:4文型SVOO, 3.5文型SVOtoO
■4文型:They awarded
him the prize.(
→受け身: He was awarded the prize.
■3.5文型:They awarded
the prize to him.(
→受け身:The first prize was awarded to her.

■人間を主語にしてawardを受け身にするときは4文型(

誤 He was awarded with the literary prize.→withをうっかり入れてしまいそうですが、4文型なので不要です。

410
3/20
1)最終目標は、ジボを家族の一員だと感じてもらうことだ

2)最終目標は、ジボが家族の一員だと感じることだ




makeの直訳:
1)ジボを家族の一員だと家族に感じさせること

2)ジボに家族の一員だと感じさせること

The ultimate goal is to make Jibo feel like part of the family.

●CNN参照 (さて、1)と2)のどっちが正しい訳??)


2)の解釈 [GENIUS]
■「〜したい気がする」
I feel like going for a walk.→(I feel that) I like to go for a walk.
☆他動詞:
Jibo feels that he is part of the family.

1)の解釈 [GENIUS]
■[SVC/SV like O]
The cloth feels like velvet.
■「〜であるかのような気がする」My heart
feels as if it was bursting. →I feel as if my heart was bursting.
☆自動詞:Jibo feels like part of the family.→You feel as if Jibo was part of the family.

●結論:(間違っていたら教えてね!)
このfeelは自動詞の2文型のfeelと理解し、感じるのは主語のJiboや
the clothではなく、その主語に触れた人間の方ということ。よって1)の訳の方が正しい。

409
3/13
ロボットが人間を補助できるあらゆる方法を考えます We think of all the different ways robots can assist humans.

●CNN参照

1)[GENIUS] assist: SVO in/with O (3.5文型)
■Robots can
assist humans in all the different ways.
→We think of al the different ways
in which robots can assist humans.

■ところがあたかも SVOO(4文型)のように
→assist humans
(in) all the different ways前置詞inのない関係代名詞になっている。この用法はwayの場合よくみかける

■I like the way she smiles.名詞 (3文型のlike)
■I like you
the way you are. 副詞 (3文型のlike)

408
3/6
今後4年間で、ロボットやテクノロジーの進歩のために、世界中で500万もの仕事が失われるかもしれない As many as five million jobs worldwide could be lost to robots and other technological changes for the next four years.

●CNN参照 

1)[GENIUS] lose: SVOO, SVOM「〜が原因で〜を失う」
■(SVOO)His carelessness lost him his job.→(SVOM)He
lost his job to his carelessness. 但し、He lost his job because he was careless.の方が普通だと注釈あり。
→確かに、受け身にして His job was lost to his carelessness.となるとどうもしっくりこない。

2)[GENIUS] lose: SVOM「試合などを〜に負ける」
lose a match to them「彼らに試合で負ける」

3)形容詞のlost:be lost toもあるが、意味がちがった。

■結論:could be lost
due to / because of robots...の方がむしろよいかもしれない。他に説明がつくようでしたら教えて下さい。

407
2/27
このロボットは重い積荷を持ち上げられるように現在設定されているところです
This robot is now being designed to pick up heavy loads.

●CNN参照 B/Dクラスのみなさん
1)
has now being designed←講師の間違い。正解は上記英文。
■「この工場では実際にロボットを稼働しながら、現場に対応できるように調整している」ということのようです。

2)hasを使うなら、has
been designedとすべきでした

406
2/20
ジミーは高性能研究用ロボットです Jimmy is a high-end research robot.

●CNN参照

1)「高性能の」high-end, powerful, highly efficient, high-performance
2)high-end:[OX] expensive and of high quality
405
2/6
全国模試に関する彼らのエピソードがその記事で紹介されていた An anecdote about the results of their national mock exams was introduced in the article.

1)
anecdote:
[ODE] a short amusing or interesting story about a real incident or person.
[COB]a short amusing account of something that has happened.
404
1/30
その本はよく売れ、何度も増刷された The book sold well and was reprinted many times.

●OALD参照

1)「その本は
売れた」他動詞(第3文型)の受け身にする必要なく、第1文型で表現するのが一般的:The book sold well.
2)「その本は
100万部売れた」一方こちらは、他動詞で:The book sold one million copies.
(こっちの方も主語が人間ではなくbookなのが面白いですね)
403
1/23
そのようなロボットはぱっとしない記事の空欄を埋めるだけじゃない Such robots don't just fill in the blanks in a generic report.

●実践ビジネス英語参照

1)
fill in the blanks「空欄を(すべて)埋める」(the+名詞複数形=「すべての」)
2)
generic「ぱっとしない、さえない」[GENIUS](米俗)