訳出復習コーナー
訳出復習アーカイブ「08〜15年」「16年」「17年」「18年」「19年
クラスの進行状況が異なりタイミングによっては、まだ授業で導入されていない場合もあります。ご了承下さい。
2020年
No
日付
問題
解答例(辞書はOXFORD/GENIUS/研究社等参照)
515
3/23
なーんか、やらせみたいな感じ。 It flet so contrived.

■contrived
[ODE]deliberately created rather than arising naturally or spontaneously
[OX 類義語]
forced, strained, artificial, affected, pretended, false, unnatural, non-spontaneous
514
3/16
1)幸福とは心の有り様のことなんだ
2)幸福とは心の平安のことなのだ
3)幸福とは内面から生じるものなのだ
1)Happiness is one's/the state of mind.
2)Happiness is inner peace.
3)Happiness comes from within.

[研究社]
That was the satate of mind I hd reached after puzzling over the meaning of life.「それは人生の意義を考えぬいたあげくに到達した心境だった」
■from within:このwithinは名詞で「成句」from withinとして使われる。
513
3/9
私たちはこのモデルを退役軍人病院での調査で使った We used this model while working at the veterans hospital.

●TED: The Power of Mindfulness参照

■教材のhospitalは初出の名詞。しかしaではなくtheであった。
1)ある米国人からの情報:hospitalやpost officeは初出でも theを使う。
2[GENIUS]:米はthe/a、英は無冠詞。
米語の場合、不定冠詞を使うのは、run a public/private hospitalのような場合。
■「病院にいく」go to see the doctor. (入院する場合)go to the hospital (the)
☆post officeは自分で調べてね
512
2/24
1)That includes our attitude and our intention, and our attention.

2)I looked
up to see how the other men were responding.(中略)I invited him to look up and to witness this compassion...
1)それには我々の心的態度、目的意識、眼差しが含まれている
2)私は他の人がどう反応しているのか見ようと顔をあげた

■書取における『
パターン統一の法則

1)の書取では:
our3回使っていたが、1つが聞こえなかったかもしれない。そんな場合は『パターン統一の法則』を思い出して、3つ書くか、our attitude, intention, and attentionと1つに修正する。

2)I looked up to seeでは「子音消失の法則」により[p]音がきこえないので I looked at to seeと聞こえた人が多かった。

この箇所のすぐ後で I invited him to look upと言っている。もしlook at to seeと書いて「?」と思ったら、前後をみるとヒントあり。講師はこの法則をよく使って自己修正しています。
511
2/19
分かりやすく言えば、〜だ。 Put simply, xxx

1)書換え:[研究社]
■Put it simply; Simply put; To put it simply
itを入れるとどうも不定詞にしないといけないらしい。
itなしだと独立分詞構文で、putは過去分詞。
510
2/12
取り組もうにも何の手段もなかった I simply didn't have the tools to cope.

●TED: The Power of Mindfulness参照

1)書換え:I simply didn't have the tools to cope withはどうか。
母語者によると:I simply didn't have the tools to cope with fear and loneliness.with付け足すならwithの目的語も必要とのこと。
2)但し、I had some fear to cope with.ならOK。
3)よって、1)の文の理解として→I simply didn't have the tools (in order) to cope (with fear and loneliness).と考えてはどうか。今回は文脈から何を cope with したいか分かっているので fear以降も割愛可。in orderの箇所も割愛可。
509
2/3
また気が散り、心は過去に吸い込まれ、未来で行方知れず My mind wandered/wanders off again, sucked into the past or lost in the future.

●TED: The Power of Mindfulness参照
1)分詞構文の書換え練習:
◎My mind wandered off again, and it was sucked into the past or lost into the future.
◎...off again, when it was sucked into...
△...off again, as/because it was sucked into...
■文脈に応じて一番よい文に書き換え可能
508
1/27
そんなレベルの完璧さなんて無理なのに自分におしつけてしまう We hold ourselves to these unrealistic standards of perfection.

●TED: The Power of Mindfulness参照