文殊の知恵広場

■文殊の知恵広場  * 受講生のための授業支援ページです。随時情報をします

「表現力アップ」コーナー 毎週月曜日更新 
今週の教材より一つ抜粋 (2006年2月18日開始)
もっと成句を使いたい!(2015年5月8日開始)
507)私は彼に自分の悩みを打ち明けた
165) それを暗唱します
さっとリズムよく言いたい! (2018年11月2日開始)
ヨガ (2019年1月8日開始)
●字余り箇所:まるで接頭辞のようにくっつける
He's gonna find out who's naughty and nice.
Ashtanga Opening and Closing Chants
2019年
日付
内容
詳細
12/9

スロット文法テスト

聞こえない音を
聴き取る文法力
●全クラス

結果発表をSTUDIO3にしています。「倒置文を見抜く」「句読点を聴き取る」手前まできました。

今期は音声では『音の文法』つまり音の崩れ方をより深く意識するようになり、文法ではパターンで品詞展開を予測できるようになってきました。

固まりごとに前から前から品詞展開を予測できることができたら、同時通訳にも挑戦しやすくなります。

今週末で今年最後のクラスです。Dクラスでは一つぶっつけ同通を行います。他のクラスでもそれに近い形で練習します。

リスニングしながら、主語の名詞を待ち、次に動詞を待ち、アッその前に副詞が来たから、それを小耳で聴いて動詞を待つ。次こそ動詞かと思ったら、過去分詞がきたので形容詞として処理。そのように過去分詞を瞬時に見抜けたらお見事です。もう一息がんばりましょう。
11/25
自主トレCNN 408

消え行く曖昧母音
●全クラス

406は「分詞構文の使い過ぎ」で要点がぼける英語を体験しましたが、今回408では徹底的に
曖昧母音を脱落させる英語のオンパレードが体験できます。

大好きな南条先生がリスニングポイントでいみじくも語っています。ああ、そうか、彼女は子音の発音が弱いから「曖昧母音の横の子音」までもがドンドン抜け落ちる癖があったのだあ!
11/4
前頭部と後頭部では

脳波の波形が違う
●全クラス

たった15センチぐらい前から後ろに行くだけでどうして波形が違うのかあ...!

Vippasana meditationは、瞑想者に心の内部を観察させるものらしいですが、その「心模様」を私たちも観察できる動画を見つけました。Linksページにアップしました。どういう意味だと思う?
11/2

11月の第3週
スロット文法
中間テスト
●全クラス

このテストは構文力を問うテストではあるものの、リスニング力を向上させることを目標としたテストです。

耳からすり抜ける音を、あるいは聴き間違う音を「品詞何待ち?」態勢でリスニングすると、正しい単語(同義語含む)を予測しやすくなる。大袈裟に言えば、聞こえる前からその単語を待てるようするための「品詞何待ち」練習です。あたかも母語で聴くがごとく。

そのための一歩一歩をしっかり歩んでいきたい。まずは、
1)主語とは重要な意味の単語ではなく、冒頭にくる最初の名詞。たとえそれがitであっても、冒頭にあれば「主語」です。(当たり前と言えばそうですが...)

2)節が入り組んだ長文で、
文が見えなくなったら、主節のSVと節内のSVを探す。

まずはこれを頭に入れて、ディクテーションしましょう。
10/21
「おもいやりの進化」

TED Talk

Robert Wright
●全クラス

この教材で学んだ表現 Compassion is built into human nature.
(ここに先ほどアップした内容は下の9/30に書いていた!ので変更します)

「思いやりは人間の本性に組み込まれている」...9/30のように学びましたので,human natureをDクラスでは「人間の体」と読み換えました。そうすると、ぐっと内容が迫ってきました。
9/30

期初テスト
●全クラス

テストの解答と書取はSTUDIO 2にアップしました。
今回はTED Talkでした。Linksページにリンクしています。

さて、衝撃的な話、ちゅうたら、衝撃的な話でしたね。ホモサピエンス出現以前にすでに「compassion」が遺伝子プールに辿り着いていた、と言うのですから。

つまり...「思いやり遺伝子」てなもんがあるとでも言うのだろうか? と突っ込みたくなりますね。

こんな抽象概念みたいなものが「物質」としてたち現れ、細胞の核内のDNAに書込まれている...。まさか?! 驚き桃ノ木山椒の木とはこのことですな。
9/15

Robert Wright
●全クラス

解答を受講生専用ページにアップしました。
9/7
2019年秋期

新学期スタート!

Welcome back to

NEL!
●全クラス

スキルアップの目標を達成をするために、実力テストの結果と目標値を数値化(見える化)して臨む!ことになりました。

さっそく初回のクラスから、自分の訳出の音声を聴いて、実力の点検開始。

「桃太郎」の英語版と本日のリスニングの「アイボ」をしっかり復習しましょう。Bクラスでは言っていませんが「アイボ」で聞こえなかった箇所を「桃太郎」の音声のように強弱をつけて練習しましょう。今期は毎日5-10分音声練習する習慣をつけましょう。

☆Dクラスでは「アイボ」のリピートとシャドーイングを行います

■さて「アイボ」のリスニング大変でした。本日D
クラスの授業で仕入れた情報を他のクラスにも伝えます。

悩み:
メモを取ると聞こえなくなるのに「漫然とメモを取って」しま

1)HHさん:以前数字が取れなかったので数字は書くようにしている。今回も
数字は書いた。しかし全部は書かないキーワードだけ書いた。
2)AMさん:最初メモを取っていたが速いので、
メモを途中でやめて内容に集中した
7/29
総括アップ

夏休みの宿題

Bクラス音声ファイル


SUMMER VACATION!
●全クラス

☆総括:
今期の総括を各スタジオにアップしました。今期も本当によく頑張りました。クラスメートや他のクラスの先輩の総括も是非お読み下さい。

☆リズム暗唱:「一口英語」コーナーに注意点を纏めました。参照下さい。

☆Bクラス:最終日に録音した音声をお手数ですがメールで送付下さい。


Dクラスの受講生から通訳訓練関連のページの紹介がありましたので、リンクしました。
7/15
自主トレ
●全クラス

今週の自主トレ:715_394ではいろいろな句読点が使われています。

いつもの練習後にディクテーションをし、答え合わせをして見て下さい。

解答とまったく同じ句読点になる必要がありませんが、今回の試験で話題になった前言撤回の「ドット3つ」の用法を学ぶことができます。

(講師の句読点と多少違う箇所:ダッシュの2カ所。講師はダッシュは使いませんでした)
7/11
期末テスト結果
●全クラス

今回のテストは、現在リズム練習で聴いているレポーターの声でした。声も内容も馴染み深く期末にピッタリの教材でした。

が、難しかった
。しかもたった一度のリスニングで聴き取るのですから大変でした。次回に向けて対策をしっかり練り、総括に書きましょう。

■STUDIO4:テスト結果をアップしました。今回はスキル別にいろんな受講生が優秀な成績を納めています。

■LINKSページ:円城寺香レポータの動画アップ
6/22
目力大作戦

リスニングの
リテンション力を
上げる
●全クラス

誰しも経験していることですが、しっかり話の内容を聞こうとすると無意識のうちに「目に力が入る」あるいは「目に力が宿る」。

もう一つ誰しも経験することは、聴いているときには分かったのに、当てられて訳出する段になると忘れてしまう。この悔しい状態を脱却するために先週から始めたのが「目力リスニング」。

形から入ることにしました。目の焦点を一点に定め、そこに一枚の架空のスクリーンを置き、そのスクリーンを眺めながら聴く。ああなって、こうなったと見つめながら聴く。無理に映像化する必要はありません。

来週以降どうなるか分かりませんが、初回においては全クラスで変化を感じました。内容を押さえて聴くと、以下のようなレスポンスになります。

1)当てられると、間髪置かずに言い始める。
2)喋っているうちに、取りこぼした内容を思い出し、付け加える。
3)虚空(スクリーンのある場所)を眺めながら、朗々と語る。つなぎ言葉あり。

期末試験をこれで乗り切れたら最高ね。

6/17
期末テスト
●全クラス

期末テストの時期がやってきました! 予定通り、7月第1週目に行います。
内容は今回も「逐次とディクテーション」の予定です。

語彙力も前期からの持ち越し課題ですから「訳出復習」コーナーを利用したテストを作ろうと思います。期末の翌週、7月第2週に行う予定です。
5/25
来週は休講です
●全クラス

金曜日(Bクラス):来週5/31(金)は第5週目となりますので、次回はと6/7です。
土曜日(C/Dクラス
)も来週休講です。6月のレッスンは以下の4回となります。

土曜日:6/8, 6/15, 6/22, 6/29
5/19
Bクラス
今週の課題
●Bクラス

今週の課題に記入漏れがありました。すみません。5月19日14時25分に修正しましたので、ご確認下さい。(記入漏れ→英作のタイプ打ち)
5/13

捜査関連用語 
●Bクラス(C/Dクラスは来週以降)

英訳の宿題に必要な用語を「訳出復習コーナー」にアップしています。そのまま使って文章にするとおかしくなることがあるので、適宜変更して活用下さい。
5/10
刑事手続き
●全クラス

検察庁の方もアップしました。
4/28
日本の刑事司法制度
●全クラス

期初テストで試された司法関連の用語。連休明けに勉強したいと思います。まずは、リンクページに「刑事手続きの流れ」のリンクをはりましたので、参照下さい。
4/26
期初テスト採点結果
●全クラス

クラス別に集計し、STUDIO3にアップしました。

今回はゴーン日産元会長の解任劇の報道でした。全クラス「ぶっつけ逐次」で行いました。過酷でしたね。ご苦労さまでした。

「一発で聴き取る!」という条件を取り入れてほんの数年と思いきや、調べてみると、成績表に「
逐次1回目/2回目」と明示しているのはナント13年秋期からでした。しかし、今回は全クラス一回ポッキリ。今後もこの路線で行きましょうね!
4/9
May首相

●全クラス

前期の
仮定法から条件節へ橋渡ししてくれたのが、May首相の就任演説。

背後のざわめきは議員の声かと思っていたら、Downing Street No.10の前の道路に集まった人の声。Youtubeにこの演説を見つけましたので Linksページにアップしました。

期限2019年3月29日午後11時では離脱できず、次の期限は4月12日。
4/9
期初テスト
●全クラス

Carlos Ghosnの記事が今朝の新聞を賑わしています。試験に役立ちそうよ。
4/8
「あなたの見解は?」
●全クラス Welcome back!

What is your take on it?を成句で覚えましたが、これと同様の表現に What do you make of this?があります。Whatの部分をHowと間違って紹介したクラスがあると思いますが、訂正します。(『成句コーナー』を参照)

ちなみに、このmakeは何文型? スロット仕分けするとどうなるの?
3/27
春期の初日は
4月5日/6日
週間の春休み!

連年になく春休みに宿題があるものの、今週はお休み。ゆっくり寛ぎ、英気をやしなって下さい。そして4月からまた一緒に新たなスキルに挑戦し伸ばしていこう!
3/27
秋期の総括

ヨガ

●全クラス

総括を各自のSTUDIOにアップしました。是非クラスメートの総括、そして他のクラスの人の総括もお読み下さい。ヒントになる言葉が多く含まれています。




上段のノリスのヨガコーナーに新たにエントリーしました。
3/25
英語を7分〜10分
喋れるようになって

浮き彫りになった

語彙力貧弱物語
●全クラス

普通は学期末に宿題を出しませんが、2週間かけて「成句」を覚えよう。
そして4月から、ちょっといなせな表現を、さあ、お使い下さんせ。

今年の春は、もう同じ表現ばかりを使う英語は卒業しよう。多少間違っていても、"Close but no banana." であったとしても、果敢に成句を使って英語のキャンバスに色を加えていこう!
3/13
時制の問題

期末試験108) 109)
●全クラス(C/Dクラスは期末試験の復習問題の2枚目を今週クラスで配付します)

今期 Dan Harrisが仮定法をよく使ってくれたお陰で、何か『
仮定法過去完了』『仮定法過去』が身近に感じられるようになってきました。ところが、案外試験では間違いが多かった。

まだ使いこなせていないかも...と思い、復習問題の2枚目を作成しました。番号108で始まるプリントです。

さて一方、今週3月11日分のCNN378を講師が二日遅れで本日やってみたところ『
条件文』が一杯でした。同じifなので、講師も含めて混同しがちな仮定法と条件文。CNN378をまだやっていない方、やってみて。そして時制をチェックしてみて。
3/12
英検1級合格
2次試験
スピーチ 突破
CクラスのKUさん

おめでとうございます。とうとう壁をぶち抜きました! 
3/4
7〜10分スピーチ
完成品を各STUDIOに
アップ
●全クラス

ご苦労様!! とうとう5分の壁を突き破り、7分〜10分に至るスピーチが完成しました。毎週1分づつ長くしながら積み重ねれば、
不可能ではなかったですね。

しかし人間とはかくも欲深く、当初の大変さをすっかり忘れ I just rambled on.などと自己評価しがち。
そうする前にまずはしっかりと「今まで体験したことのない長さ」であることを acknowledgeしましょう。10% Happier

でも「メリハリがない、ポイントが今ひとつ」と上級レベルのパフォーマンスを自分に求めればこその自己評価でもありますね。来期もこの勢いでいきましょう.
2/18
期末テスト:スロット
●全クラス

期末テストのスロット仕分け:模範解答例をSTUDIO 3にアップしました。
2/18
10分スピーチ
プロジェクト

質問があれば教室で
受け付けます
●全クラス

■3月第1週目の
最終録音日には
1)B/Cクラス:
7分以上10分以内のスピーチ
2)Dクラス: 8分以上10分以内のスピーチということになります

■折角ここまで来たのでクラスでの練習も10分に辿り着きたいと思います。スピーチは3月末まで継続します。
1)
B/Cクラス:3月第1週:7-10分、2週:8分、3週:9分、4週:10分
2)Dクラス: 
3月第1週:8-10分、2週:9分、3週:10分

■スピーチの内容と注意点。
★前提:
聴衆は「何も知らない」。英検1級の試験と同じ。
★メモは書いてOK。但し「
台詞」にはしない。紙を何度も見ない。
★瞑想について
必ず自分の体験、意見、感想を入れる
★uh, um等を言わない。単語の語末を伸ばさない。リズムよく言う。

いよいよ、最終日が近づいてきました。頑張ろう!
2/10
Dan Harris 2
●全クラス

Harrisの2本目をLinksページにアップしました。全ての言葉が何の支障もなく耳に届き、脳を経由してお腹まで言葉が落ちてくる。「英語戻し」まですると、こんなにはっきりと英語が分かる。気持ちよいですね。
2/9
Ego and Buddhism

動画アップ
●B/Dクラス (Cクラスはまだクラスで聴いていませんが、動画を見てOKです)

今週のリスニングのスピーカーの動画をLinksページにアップしました。

まさか、仏教の教えをアメリカ人の精神科医から聴くとは思いもしませんでした。その教えとは一体何ぞや? Linksページに動画をリンクしました。
1/28
10分スピーチの準備
●全クラス

スピーチに
メリハリを与えるために「結論→展開→結論」という極めて単純なフォーマットを採用しようと本年初年のクラスで確認しました。

C/Dクラスでは結論部を「瞑想」という言葉で統一してやってみたところ、結構まとまりがつきやすかった模様。紐の切れた凧みたいにならぬよう、冒頭と結論箇所にこの言葉を入れ、最後にThank you for listening.といって終わるよう練習しましょう。

Bクラスでも来週、上記を紹介する予定ですが、今週の練習でも採用して下さい。
1/23
授業開始!
さて、授業が開始したばかりですが、エンジンがかかってきたでしょうか?

そろそろ講師の手元に「総括」が届き始めました。今日は Dクラスの総括をちょっと覗き見させてもらいます。というのも、あの超高速のDan Harrisをつかまえて

「テンポがよくて、聴いていて楽しかった」とか、さあ、
「『ストーリーラインを目視』することに意識が向けられるようになってきた」とか書いてあるのです。

ハヘホヘ、ハヘホヘ、ハー! 間寛平のような声が出てきそう...じゃない?
講師がクラスで、楽しくなるやり方や、リテンションを高める方法を指示していますが、それができるようになった生徒さん自身のやり方を、訊いてみたいと思わない? Breakthroughをどうすれば起こせる
か?

関心のある人は、講師に連絡下さい。自分は日頃○○な練習をして、Dan Harrisを聴くときに○○しようとするが、○○の問題がある。そんなことも訊く前に整理してみましょう。
1/8
冬休み
続行中
仕事も始まり、日常に戻ってしまった今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?

早速、お正月から嬉し知らせが届きましたのでご報告。DクラスのAMさんがTOEIC 970点獲得。 素晴らしい! 今年も Hang in there!

今年の初日は来週の18日(金)と19日(土)です。お待ちしております!
1/1
HAPPY NEW YEAR!
超高速英語(約200語/分)のリスニングに挑戦し、
それと同
じ速度で言える口を作り、10分スピーチに挑み、
そして知識を広め、深めていきたい

今年もまた新たな窓を開く一年になりますように!

皆様のご多幸をお祈り申し上げます
以下、2018年3月の私たち

たった一年前の3月に2分、3分とやっていたスピーチ練習。
思えば遠くに来たもんだ。今年の3月に10分に届きますように!
3/20
ぶっつけ2分スピーチ
「私のAI論」
●全クラス

ぶっつけのスピーチを期末の課題にできるレベルになりましたね。よく頑張りました。来期はもっと楽になることでしょう。

優秀スピーチをSTUDIO3にアップしました。「結論→展開→結論」のフォーマットをうまく取り入れ、聞き応えのあるスピーチになっています。参照下さい。
3/17
3分間スピーチ
Best Version
●全クラス

全クラスのスピーチのベストバージョンをアップを終了しました。
3/12
ぶっつけ
2分間スピーチ

3月16日/17日
●全クラス

以下の要領で行います:

1)ペアで日本語2分、2)ペアで英語2分、3)各自英語で2分録音

Bクラスでは2)の英語を録音すると伝えていましたが、一回英語で練習をしてから録音することにします。少し楽になりました。 Hang in there!

受講生が互いに情報を交換するための広場
質問
訓練内容
疑問の要点
詳しい内容
ヒント
新入生の質問
その1
Shadowing
1)どのくらい遅れて発話する?

2)話すと聴けない
 聴くと話せない
■シャドーイングはどのくらい遅れて発話すればよいのでしょうか?

発話することに集中すると聴けないし、聴くことに集中すると何を言っているかわからなくなるし...。要は、慣れなのでしょうか?

新入生の質問
その2
「エーなし」
速訳
1)訳といういより日本語を暗記してしまう。OK? ■何度も口頭で部分練習すると確かに不要語がなくなりスムーズになりますが、それは訳の日本語を覚えてしまったからだと思う。それでよいのでしょうか。

新入生の質問
その3
単語や熟語の
覚え方
1)文で覚える?
単語帳で覚える?
■文に組み込んで、文に慣れながら覚えた方がよいのでしょうか?

あるいは単語のみ数をこなして覚えた方がよいのでしょうか? 

新入生の質問
その4
品詞分解
1)目的を教えて下さい ■品詞分解ができると、何に役立ちますか

受講生に借りていた英語の本が5冊もたまったある夏の日。返さなくちゃいけないけれど、英語の先生だから読まずには返せない。でも、英語の先生であればこそ、完璧理解を自らに求め、案外原書に手が出ない。教材で英語漬けの毎日なのだから、余暇ぐらいは日本の作家の本を読みたい。

しかし、あの十数年前の夏の日、
原書っておっくうとばかり言えなくなり、全ページ一行一行「一応目を走らせる」ことにした。6日に1冊の割合でいけば、30日で5冊いく。一応、すべての文字を見たのだから「ありがとう、面白かった」と言って返せる。もうこの作戦しかなかった蝉しぐれの日。

目的は文字を見ることであり、理解することではないので、辞書など引かずにサッサと進む。まるでnative気分。
あの億劫さは露と消え、フットワークも軽妙に、5冊を読破(?)した。爾来、気負うことなく原書に触れて楽しんでいます。


みなさんも原書を読んだら下のメールフォームから感想文を送ってください。順次掲載いたします。
お勧め度はあくまでノリスの主観による5段階評価です。感想文の詳しい内容は、右上の『原書アーカイブ』
をクリックして下さい。
  書評目次一覧
01 The Davinci Code 02 Deception Point
03
Angels and Demons 04 Memoirs of a Geisha
05 Stardust 06 Ceremony
07
Twisted 08 Trouble in Paradise
09 The Old Man and The Sea 10 Kite Runner
11
Confession of
an Economic Hitman
12 Digital Fortress
13 Th Gunslinger 14 The Remains of
the Day
15
Passing Shower 16 1984
17 Teacher Man 18 Hearts in Atlantis
19
Bamboo Sword 20 Embracing Defeat
21 Of Mice and Men 22 Misery
23
The Girl Who Loved
Tom Gordon
24 Embracing Defeat
25 The Power of Habit 26 The Spiritual Doorway
in the Brain
27
The Untethered Soul
No
題名
作家名
お勧め度
内容 (Posted by ○○)
1
The Da Vinci Code
Dan Brown
4
現実にありそうにないミステリーなのにグングン引き込まれていく。
2
Deception Point
Dan Brown
4+
単語が分からなくても楽しめるのは一つ一つの文章が短く、場面展開が速いからでしょう。次はどうなるのと思いながらあっという間に読めてしまいます。
3
Angels and Demons
Dan Brown
5
"unputdownable"という言葉があるらしいが、まさにその通りDan Brownの世界に浸り込み、本を手放せず中毒状態になった。
4
Memoirs of a Geisha
Arthur Golden
4-
映画"Sayuri"の原作。
5
Stardust
Robert Parker
4-
上に紹介されているDan Brownの博識に振り回されつつもその面白さに手を引かれて完読した人なら電車や喫茶店で気軽に読める探偵もの。
6
Ceremony
Robert Parker
3+
前半はスローテンポで展開し、後半で一気に動きだす。そして主人公のSpenserにも深みが出てくる。
7
Twisted
Jeffery Deaver
4
サスペンス短編集。Denzel Washington と Angelina Jolieが出演したThe Bone Collectorの原作者。(YM, Feb/06)
そろそろ英語の原作を読みたくなった人にお勧め。短編でサスペンスだから気軽に読める。
8
Trouble in Paradise
Robert Parker
4
中年になったParkerの次のシリーズで、読者も中年向け。
9
The Old Man and
The Sea
Ernest
Hemingway
5
もう終わってしまう。もっと老人の独白を聞き続けていたい。最後のピリオドまできて、また途中から読み直した。
10
The Kite Runner
Khaled
Hosseini
4+
著者は在米アフガニスタン人の医師。英語で書いた処女作だが、匠の風格のある作品。好きな作家が一人誕生した。
11
Confensions of an Economic Hitman
John Perkins
4-
主に石油の利権を巡るスパイ小説、と思っても不思議ではない暴露本。
12
Digital Fortress
Dan Brown
3+
Dan Brownの本で日本人が登場する本があるとは知らなんだ。上記11のPerkinsの本で話題になるNSAが舞台。
13
The Gunslinger
The Dark Tower I
Stephen King
?
ハレホレハレホレ。アイヤイヤー。
14
The Remains of The Day
Kazuo Ishiguro
いつか読みたかったIshiguroの本。
15
Passing Shower
translated by
Gavin Frew
4
藤沢周平の翻訳本が見つかった!藤沢周平の世界を英語というレンズで見てみると....
16
1984
George Orwell
5
仮に読まねばならない本というものがあるとするなら、これこそ This is a must.の本。
17
Teacher Man
Frank
McCourt
4
Enthralling.ジワジワと引きずり込まれる。
18
Hearts in Atlantis
Stephen King
4
圧巻。なのに評価が4なのは3部作の構成上の問題。1部に関しては、評価5。
19
The Bamboo Sword
translated by
Gavin Frew
4
上述(No.15)のPassing Showerを含む藤沢周平短編集の翻訳本。猛暑日が続く夏に読むとよい。
20
Embracing Defeat
John W.
Dower
旧受講生のMO氏から寄稿頂きました。読みたくなるような本です。ご紹介有り難うございます。
[講師未読の為、未評価。24番参照]
21
Of Mice and Men
John
Steinbeck
4+
最初から顛末が分かっているのに、読み進んでしまう。
22
Misery
Stephen King
4
久しぶりにキング。かの有名なミザリーを読みました。
23
The Girl Who Loved Tom Gordon
Stephen King
4+
前回久しぶりにキングの書評を書いたので、以前読んだキングの本の感想を一挙に紹介
24
Embracing Defeat
John W.
Dower
5
もう二度とnativeのようになりたいなどと申しません。
25
The Power of Habit
Charles
Duhigg
4
この本を買いに本屋に行ったわけではないが、タイトルが手招きしていたので買いました
26
The Spiritual Doorway in the Brain
Kevin Nelson
4-
体外離脱は脳のtemporoparietal junction(TPJ)とかいう場所を刺激すればあなたも私も体験できる?!
27
The Untethered Soul Michael A. Singer 3+ 私の心が「今」という概念を本当に理解すれば、この本の行間をもっと深く読めるようになるのだろう。
以下の2冊以外の感想文をもっと詳しく読む

The Untethered Soul by Michael A. Singer (邦題『いま、目覚めゆくあなたへ』)  

読もうと思いながら、読まずにとうとう今日までかかってしまった。理由、iPhone。生徒さんに偉そうなことは言えんのだ。本の楽しさを知りつつも、読まなくなった昨今。イカン。確かに Podcastに面白いのが沢山あって、それなりに充実してる就寝前の時間。かつてはその時間は読書タイムであった。(ちなみに、面白いPodcastを知りたい人、教えまっせー。お尋ね下さい)

あ、それに、Youtubeで観たMichael Singer(著者)のインタビュー。これまた、とってもgood。Oprah Winfrey(アメリカの黒柳徹子?)の質問が絶妙で「もう、本を読まなくてもいいっか」とちょこっと思ったぐらい、何本か観ました。

で、本の内容ですが、これまでの教材で学んだ mindfulという考え方、右脳と左脳の性質の違いを踏まえて読めば、分かりやすい。つまり、今を生きよ。エネルギーを閉ざすな。こだわりを捨て、自分を解放せよと、言葉を駆使して何度も何度も説いています。いわゆる、スピリチュアル系の本で、最終章に聖書の引用が出て来て、少々置いてけぼりという感じになりました。


The Spiritual Doorway in the Brain by Kevin Nelson, M.D.   

『死と神秘と夢のボーダーランド』という翻訳本の紹介が2013年3月24日の朝日新聞の書評欄に載った。脳神経科学者が書いたしっかりとした研究書とのこと。原書を注文して読んでみたら、前回のThe Power of Habit と同様、fight or flight関連の記述がここでもまた登場してちょっとビックリ。

ちなみに春期の教材のKathleen Hallが言った通り、生きるか死ぬかの瀬戸際の時、人間はやはり本当に台風の目の中にいるように冷静沈着になるそうだ。但し面白かったのは、その状況が終わった途端、体に押さえきれないような震えがくるそうだ。あんなに冷静に対処したのに、震えが後からやってくる。

さて、著者のKevin Nelsonはなんとかして臨死体験を脳の現象として科学的に捉えようとする。体外離脱も脳のある部分を刺激すれば、引き起こせる、らしい。だからこそ、最後にこんな未来を予測した。延命装置を希望するか否かを自己決定しなければならぬほど科学技術が発達したように、ある日ある新薬が登場し、"Do Not Resuscitate"に加え、神を感じながら死にたいか否かを自己決定しなければならない日が来るかもよ、と。"Bring on the devine rapture"あるいは"No rapture for me, thank you." エエエッ? どっちにする?


ノリス・イングリッシュ・ラボ
実践英語のための通訳トレーニング
Copyright (C) 2005 - 2016 NEL (Norris English Lab) All rights reserved.