更新日:2011年 5月 1日 (日)
Class Activities
リスニングの授業
面白い内容の話は聞いて面白いし、もっと聞きたいものです。そういう自然な心の反応をリスニングに活用します。教材の内容が面白ければ、リスニングという作業は知的で「楽しい」行為です。弱音を聴き取れる音取り能力を養成しながら、リスニングの面白さを体験して下さい。

さまざまな分野の英語を討論・ドキュメンタリー、インタビュー形式で聴きます。
以下はこれまでの教材例です。
■経済、金融、企業 「英国経済 Black Wednesday」「Lester Thrurow ノーベル経済学者が語る20世紀」「春闘」「日米構造協議」「経済ヒットマン」「世界経済フォーラム」「日米の職業観」「日本型雇用制度」「Paul Krugman ノーベル経済学者が語る21世紀版の恐慌」
■国際政治、国内政治 「PBS US 米大統領選挙」「世界経済フォーラム:開かれた外交」「Weapons of Mass Destruction 大量破壊兵器」「小泉政権のゆくえ」「日本の海外援助」「オバマ就任演説」
■環境問題、国際貢献 「Our Stolen Future 失われし未来」「Environmental Hormones 環境ホルモン」「カナダ温帯雨林保護と伐採事業」「Al Gore」「Talk Asia: 緒方貞子」「James Hansen NASAの学者が語る環境問題」
■科学・技術、医学 「Heredity and Evolution 遺伝と進化」「 DNA Double Helix」「クローン人間」「Healing: Mind and Body 心と体」「BBC:Total Recall 記憶の達人」「合成音声 自動同時翻訳機」「月周回衛星 かぐや」
■その他 「Actor's Studio: トム・クルーズ、ハリソン・フォード」「Biography:FRB議長 Alan Greenspanの生涯」
リスニング訳出 英日練習例
リスニング中に、内容を記憶に留めるために VPN で情報を映像処理します。受け身になりがちなリスニングをアクティブ・リスニングにするため、日本語に訳すだけでなく自分の言葉で言い換えます。そして最後に、自分の言葉になった内容を英語で言い換えます。
リスニング訳出 日英練習例
日本語を聴いて英語に訳すとき、二つの問題に直面します。一つは日本語に対応する英語の表現力が不足している場合、もう一つは日本語の情報を正しくインプットできていない場合です。英語訳が不十分な理由は表現力不足のみならず、実は日本語のインプットそのものが不十分だという場合が多くみられます。日本語のリスニング力もVPNで磨きます。
Read more about lesson contents.
リーディングの授業
リスニングに関連した内容を中心に深く、面白く読み、背景知識を増やします。そしてさっと訳出できるスピード訳の練習をし、リスニングに必要な瞬発力を身につけます。
英語の教材となると、英語の文字は日本語に訳したけれど内容が頭に残らず、関心も湧かないという現象がよくあります。たまたま言語が英語であるだけで「読む」という作業は私たちの世界を広げる楽しい行為です。内容が面白くなるようにリスニング同様 VPN 読み、キーワードをつないでロジック線を結び、構文を丹念に読み解きます。そして和訳のロジックを整えるTLCで内容を納得しながら訳出します。
VPN 方式で、情報を映像化し、自分と関連づけ、自分の中に取り込んだ物語として読むと、他人の話が身近に感じられ、話が面白くなります。

ロジック線 読んでいくと意味や概念上「?」と思う言葉に出合います。大抵それがキーワードです。その言葉が同義語に姿を変えたりしながら何回か現れると間違いなくキーワードです。そのような言葉をマーカーでつないでいくと何本かの線ができ、「見出し」から「最後の文」まで平面的であった文字情報が「球体」のようにロジックの流れとしてつながります。そのときに内容が「肚」に収まった感覚があり「面白い」と実感します。

構文を丹念に読み解く 面白く読もうとしても「それは、これは」と代名詞のまま放置したり、時制や冠詞・複数形を無視して読むと英語の面白さが半減します。丁寧に文法情報を意識することで日本語にない英語の面白さを味わいます。

TLC 方式で、日本語のロジック展開に必要な「つなぎ言葉」を文頭に挿入し、納得のいく日本語訳にします。訳文の一行一行が自然な日本語としてつながり、英語にない日本語のロジック展開の面白さを味わいます。

Read more about lesson contents.

ノリス・イングリッシュ・ラボ
実践英語のための通訳トレーニング